米国株式市場の取引ルールについて



【PR】 転職して年収UPするなら今がチャンスです!


基本的に米国株式市場では株取引による株価の決め方などに関しても、ニューヨーク証券取引所
とナスダック市場では、それぞれ微妙な違いがありますので注意が必要です。


ちなみに、ニューヨーク証券取引所では「オークション方式」を採用しており、これにより株価を決定
しています。また、オークション方式は、まずそれぞれの注文を持ち寄ります。


そして、条件が合ったものから順に売買を成立させる取引方法です。このため、実際にニューヨーク
証券取引所には「スペシャリスト」称されるスペシャリスト業務を請け負う人たちが存在します。


この点が、他国の証券取引所と、ニューヨーク証券取引所が大きく異なります。


スペシャリストが請け負う業務は以下の通です。


■オークション市場での競売人としての役割

■スーパーDOTシステムの代理人としての役割

■流動性を与える触媒的としての役割

■売買当事者としての役割



ニューヨーク証券取引所に上場する銘柄に関しては、スペシャリスト一人に対し、一銘柄割り当てられ
ていまして、スペシャリストには一般の投資家からのストップオーダーは全て順番に執行させることが
義務付けられています。スペシャリストにも当然のことながら制限があります。

海外投資あなたの前に失敗と成功しておきました


ですので、市場開始前に入っている注文に対して大きなアンバランスが発生した場合には当該銘柄の
開始を遅らせる権限があります。スペシャリストが行う業務で一番重要なのは、単に投資家達の注文
を手配するだけでなく、不要な値動きには、これらを極力抑える為に迅速に対処します。


最後についた値から離れすぎないように取引を行うことです。ポジションを保持することになりますので、
必然的に、スペシャリストは当事者として資本を提供することで、市場に流動性を与えることができます。


最悪な事態を想定しながら市場に短期的な流動性をもたせ市場において投資心理が沈着するまでの
間に場を正常に保つために値動きを緩和しております。


よく、ハリウッドの映画やアメリカの人気ホームドラマなどで、スペシャリストがブローカー相手に大げさ
なアクションで売買を行っている光景を目にしますが、あんな余裕は正直ありません。


しかし、実際には余程大きな大口注文以外はスペシャリストの手を通じて取引されることはありません
ので、いい意味でも悪い意味でもかなり脚色されていることになります。


また、100万株を超える大口注文以外を除き、NY証券取引所のSuper Dotシステムを介して、電子的
に直接スペシャリストのブックに送付されることによって実際に執行されることになります。

40代・超多忙サラリーマンが株投資で勝つ、ただ一つの方法



そして、日本市場と異なり、米国市場にはストップ高、ストップ安が存在しません。


これはNY証券取引所が流動性を大事にし、優先しているためです。


続いてナスダック市場ですが、ニューヨーク証券取引所がオークション方式を採用し、ナスダック市場
ではマーケットメーク制が採用してます。マーケットメーク制では、それぞれの銘柄に対してマーケット
メーカーが自分で売買に応じることのできる売り・買いの値段を提示します。


そして、条件のあった注文に応じて売買を忠実に行います。基本的には相対取引ですので、もし仮に
同一時間においても注文を発注した証券会社が異なれば、異なる値段がつく可能性があります。


このため常に市場を混乱に陥れる危険性があります。


そこでナスダック市場においては、「複数マーケットメーカー制」を採用することにより、一つの銘柄に
対して常に複数のマーケットメーカーが存在して価格が提示されます。


そこでは価格競争が行われていることによって、顧客にとって極端に不利な値付けが行われないよう、
牽制されるます。そして、投資家保護のための様々なマーケットメーカーが値付けを行う上での規制
も整備されています。ですので、ナスダック市場も年々厳格化しています。


ナスダック市場とニューヨーク証券取引所の最も大きな違いは、ナスダック市場ではすべての取引が
コンピューター化されている電子証券取引市場という点です。


基本的にナスダック市場に出される注文はコンピューター上でペアリングされ、執行されていますので、
マーケットメーク制だからといって、特別心配する必要はございません。


日本のマーケットメーク制度より歴史が長い分、投資家保護に対する制度が進んでいるので、投資家
に不利益な売買を押し付けるようなことは一切ありません。安心して取引出来ます。


【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しましょう!









posted by 米国株で株式投資 at 10:17 | 米国株の魅力について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。