建てたポジションの含み損が膨らみマージンコールの発生からロスカットがかかるまで


今回はマージンコールが発生してからロスカットが実行されるまでを解説させていただきます。CFDは
証拠金取引ですので、取引するためにはポジションに対して一定の証拠金を保つ必要があります。


これを証拠金使用率といいます。相場が変動することによって、ポジションの評価額が変化しますので、
必然的に証拠金維持率も変化します。証拠金使用率の求め方は次のとおりになります。
「証拠金使用率(%)=必要証拠金÷純資産×100」


当サイトが推奨させていただいている「ひまわりCFD」の場合は証拠金使用率が100%を超えると新規
のポジションが取れなくなります。そして、110%に到達すると1回目のマージンコールがかかります。


125%を超えると2回目のマージンコールがかかります。150%を超えたところでロスカットとなります。
ポジションを建てたあとに相場が逆に動くことが良くあります。そのまま動くと評価損が膨らみます。


評価損が増えれば純資産が減るので、その分証拠金使用率が上昇します。100%を超えたら注意する
必要があります。出来ればこの前の段階でポジションを閉じて出直したいところです。


110%を超えると一回目のマージンコールがかかるわけですが、これは純資産よりも1.1倍も証拠金を
使用していることを意味します。ここまで来たら取引を続行するか撤退するか決めなければなりません。


続行するのであれば追加で証拠金をおさめて証拠金使用率を適切なレベルにまで下げる必要があるの
ですが、相場が大きく動いている時は、あっという間に2回目のマージンコールが掛かってしまいます。


そうなると本当に急がないと一気に証拠金使用率が150%を超えてしまい、有無をいわさずロスカットに
なります。そうならないためにも段階にわけて、どのように対処するか事前に決めておく必要があります。






posted by 米国株で株式投資 at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | CFDの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147433786

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。