CFDで米国株を取引する場合は株価だけでなく為替の動きも同時に注意する必要があります。


CFDが誕生したことによって、米国株だけでなく、米国債や様々な指数先物など米国資産に簡単に取引
することができるようになりました。しかし、海外資産に投資するうえで避けられないリスクがあります。


それが、為替変動リスクです。これだけはCFDを取引する場合でも避けることができません。もちろん
為替変動がプラスに動くこともあります。株を買ったときよりも円安が進めば為替差益が得られます。


しかし、円高が進めば為替差損が生じてしまいます。幸いにして為替の場合は株のように1日で10%
以上動くといったことはありません。しかし、中期で大きく動くこともあります。


サブプライムショックやリーマンショックによって相場が大暴落したときは、FXを中長期でFXのスワップ
金利を狙って取引していた個人投資家の方は大きな為替差損が生じました。


米国株に投資してた方も株価が暴落しだだけでなく、為替も暴落したことによって損失がダブルとなりま
した。日本株を取引した場合にはない海外資産への投資特有のリスクとなっています。これはCFDで
取引する場合に限ったことではなく、海外資産へ投資する場合は必ず生じるリスクです。


このため、CFDで仮に個別株でなく、株価指数などを取引するにしても、指数の値動きだけでなく、同時
に為替の動きにも警戒する必要があります。リスク管理に関してはよりシビアにならざるえません。


ですので、CFDで米国株や米国市場の関連銘柄を取引する場合は、短期売買が基本となります。配当
狙いで中長期で取引するのも良いのですが、リスクを抑えて取引する意味でも短期売買は有効です。







posted by 米国株で株式投資 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | CFDを取引するポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。