FFレートが米国株に与える影響について


米国の政策金利にあたるのがフェデラル・ファンド・レート(FFレート)です。米国の民間銀行は残高預金
に応じて米国の中央銀行にあたるFRB(米連邦準備制度理事会)に準備金を預けなければなりません。


基本的に準備金に対して利息がつかないようになっているため、銀行によっては、他の銀行に準備金を
貸し付けて運用します。こうした金利をFFレートいいます。FFレートは短期金利とも訳されます。


こうした仕組みに関しましては日本でも同様のことが行われているわけですが、日本の場合FFレートに
あたるのがコール金利で正式名称は無担保コール翌日物です。


また、FFレートは市場の資金需要を忠実に反映します。例えば景気が良い時というのは企業側も資金
を積極的に調達して設備投資や人員を増員して事業拡大に努めようとします。


このためFRBは景気が過熱することを抑えるためにFFレートを上昇させます。反対に景気が低迷して
いるときは企業側は事業縮小に向いますので資金需要は大きく後退します。


このためFRBは景気を刺激するためにFFレートを低下して資金調達を容易にします。FFレートが上昇
すると株式市場への資金の流入が弱まりますのでマイナス材料となります。







タグ:FFレート
posted by 米国株で株式投資 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 重要な経済指標について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140060854

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。