NYダウとS&P500の両方の指数を確認する


ニューヨークダウは世界の株式市場を牽引するほどの影響力を持っています。そして、実際に株式市場
全体の動きを先取りするため、投資家の多くがニューヨークダウの動きから将来的な動きを予測します。


しかし、ニューヨークダウは単純平均した指数のため特定の銘柄の動きに引っ張られやすい傾向にあり
ますので、実際にダウが示す数値が乱高下する場合も少なくありません。


一方、S&P500種指数は、格付け会社としても有名なスタンダード・アンド・プアーズ社が、米国の代表的
な企業500社を選びます。そして、その株価から時価総額の加重平均方式で算出します。


ニューヨークダウは大雑把に市場全体の動きを示す指数であるのに対して、S&P500は個別の500業種
に対応しているため、忠実に市場の動きを反映する指数であるのが特徴です。


このため米国の機関投資家の多くがS&P500と機関投資家自身の運用成績とを比較しています。どちら
か一方だけに重点をおくのではなく、両方をチェックすることによって相場予測の精度が高まります。


また、両方とも世界中の金融市場に大きな影響を及ぼします。米国株だけでなく、日本株や中国株などの
株式以外にもFXやCFDなどで色々な金融商品を取引する場合でも重要な指標になります。







タグ:NYダウ S&P500
posted by 米国株で株式投資 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 重要な経済指標について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。