世界中の企業が米国市場で上場を目指す理由


ご存知の通り、日本の株式市場は米国株式市場に大きく影響されるので、日本株を中心に取引され
ている投資家の中にも、常にダウやナスダックの動きをチェックしている方が実際に大勢います。


ニューヨーク株式市場に上場している銘柄の時価総額を全て合わせると、世界の株式市場の半分を
占めるといわれています。文字通りニューヨーク株式市場は世界最大規模の株式市場ですが、実際
に米国で事業を成功させるために世界中の企業が米国株式市場に上場することを目指しています。


ですので、米国株式市場ではワールドワイドに事業を展開している優良企業が多いので世界中から
投資が集まるわけです。インターネットが整備されたことによって、日本にいながらにして米国株式
市場二上場する銘柄に投資することができます。


米国の証券会社に証券口座を開設すれば、インターネットで米国株を売買することができます。売買
する為のプログラムが全て英語なので金融関連の用語を理解するのが最初のうちは大変です。


基本操作に慣れてしまえば日本株を売買する感覚で取引できますが、ダウとナスダックとでは、実際
に採用している売買方式が異なります。ダウがオークション方式であるのに対して、一方のナスダック
はマーケットメイク制を導入しています。


そして、ダウもナスダックも値幅制限がありませんので、株価が大きく動くのが特徴です。実際に建て
ているポジションと同じ方向に動けば大きな利益を得られる可能性が高いのですが、反対に動くと
日本株では考えられない程大きな損失を被る可能性があるので注意が必要です。


上述したとおり、現地の証券会社で取引口座を開設して直接取引きするのは非常に手間がかかります。
それよりもCFDで米国株や米国資産を取引した方が、はるかにメリットは大きいです。







posted by 米国株で株式投資 at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国株の魅力について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108786735

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。