米国株式市場の基本的な仕組みについて



大規模な金融危機の波がユーロから発生しようとしている中で、油断のできない状況が続いていますが、
米国株式市場は強い状態にあります。今回は米国株式市場の仕組みについて解説させて頂きます。

株式投資これだけはやってはいけない



財政面でも貿易面でも慢性的な問題も多く、過去30年にわたって負債を膨らましています。


そうした状況にありながらも依然として米国は、世界経済の中心とされています。世界的な企業となる
には、市場規模が世界最大の米国株式市場にて上場しなければ投資家からは認められません。


しかし、実際に米国株式市場へ上場するには年々上場基準が厳しくなっている上に米国市場の企業間の
競争も激しいです。このため、米国市場で成功すること=世界的な成功を意味します。


そして、米国株式市場には世界的超優良企業が沢山存在します。ココ最近のトレンドでいえば、IT関連
の銘柄の勢いが落ち始めているのと、中国系企業に対する圧力が過去にないくらい厳しいです。

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる



そうした状況にありながらも、依然として米国市場は、常に公平に開かれているのでビジネスモデルが
優れていれば、小企業であってもとてつもないスピードで大企業に成長します。


グーグルやアマゾンなど好例がたくさんあります。こうしたことから、日本のような組織だった戦略より
も実現可能な優れたアイディアと実現すための能力が非常に重要といえます。


株価と時価総額を、ある意味異常なまでに重視する米国的資本主義の特徴は株主利益が経営の主要目的、
ROE重視、IR重視で変化が著しく激しい点が特徴としてあげられます。


ですので、経営者は常に戦いの場にさらされた状態にいます。超積極的経営を行いながら、事業規模を
拡大する為に積極的な買収、合併、スピンオフ、自社株買いを頻繁に行います。

いまこそ始めよう外国株投資入門



今現在、米国株式市場は世界の約半分の時価総額シェアを占めるといわれています。


ですので、実際に米国株式市場に上場されている企業の数が半端じゃありません。ですので、どんなに
凄腕のアナリストでさえ、これらの情報を網羅することは不可能とされています。


このため米国株式市場は日本市場以上に宝の山が沢山あり、宝探しのようにお宝銘柄を発掘する楽しみ
があります。厳しいディスクロージャー(情報開示)基準で投資家保護が徹底されています。


一方で、単元制度のようなものがありませんですので1株から購入することができるなど、個人投資家に
とって、ある意味世界で一番株式投資を行うことが出来る市場です。

CFDで月給の10倍稼ぐ










posted by 米国株で株式投資 at 18:15 | 米国株の魅力について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。